レビュー

【Nature remo nano レビュー】Matter対応のスマートリモコン【まだ早い】

Nature remo nano 本体と箱

スマートリモコンの『Nature remo』シリーズから新たに登場した『Nature remo nano』

初めてスマートホームの世界標準規格「Matter」に対応したということで期待を胸に購入してみました。

というわけでレビューしていこうと思います。

Nature remo nanoの開封

Nature remo nano パッケージ

“nano“というだけあって、とてもコンパクトなパッケージ。

Nature remo nano 開封

本体以外の全てを省いた内容物。まさに“nano“。

そんな感じなので、電源アダプタとUSB-Cケーブルは別途用意する必要があります。

逆に好きな電源アダプタとケーブルを使うことができる、と前向きに考えましょう。

Nature remo nano 本体

Nature remo nano本体は真っ白。そのコンパクトさ故にどこに置いても空間に馴染んでくれそうです。

Nature remo nano 目薬 

例によって目薬と大きさを比較するとこんな感じ。

Nature remo Nature remo mini2

『Nature remo mini2』と比較しても2回りくらい小さいミニマムボディ。

ちなみに『Nature remo mini2』と『Nature remo nano』の違いは下記。

Nature remo nanoNature remo mini2
赤外線の届く範囲10畳程度30畳程度
センサー搭載なし温度センサー
サイズ47×47×12.5mm58 x 58 x 16mm
重量13g23g
価格¥3,980¥5,480
壁掛け穴なしあり
対応OSiOS 15.0以降
Android 8.0以降
iOS 13.0以降
Android 6.0以降

実際にNature remo nanoを使ってみる

基本的な使用感は『Nature remo mini2』と同じ

Nature remo nano セットアップ

セットアップや使用感は『Nature remo mini2』と遜色ないのでこちらの記事を参考にしてもらえると幸いです。

HomePod mini
参考【Nature Remo mini2】HomePod miniで家電を操作する

続きを見る

Nature Remo
Nature Remo
開発元:Nature, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Appleホームアプリと連携させる

HomePod mini ネイチャーリモnano

で、『Nature remo mini2』を手に入れて何を試したかったというと、Matterを使ったAppleホームアプリとの連携です。

Appleホームアプリで動かせる家電は、これまでHomeKitに対応した物に限っていました。それがスマートホーム共通規格Matterのおかげで、スマートホーム家電はMatterに対応さえしていればAppleホームアプリで操作できるようになったという寸法。

要は『Nature remo nano』がMatterに対応したことで、赤外線リモコンで操作する一般的な家電もAppleホームアプリで動かせるようになったわけです。

さらに、これまでSiriで家電を操作するときはショートカットアプリを経由して行っていました。それが『Nature remo nano』が Matterに対応したことでAppleホームアプリから直接操作ができるようにもなります。

Nature remo アプリ画面

『Nature remo nano』とAppleホームアプリの連携もアプリの指示通りに操作していくだけ。

Nature remoアプリで「ペアリングを始める」をタップしたら、

Nature remo ホームアプリ 追加

Appleホームアプリに移動して画面右上の「+」をタップし「アクセサリを追加」を選択。そして黄色字の「その他のオプション…」をタップ。

Nature remo ホームアプリ 検出画面

その後、『Nature remo nano』を選択します。

本体裏面に記載されている設定コードを入力した後、名前や設置場所を決めて、

『Nature remo nano』とAppleホームアプリの連携は完了。Wi-Fi環境がちゃんと整っていれば設定に手こずることはないはずです。

Appleホームアプリでできる操作は限られている

意気揚々とAppleホームアプリで『Nature remo nano』を操作しようと思ったら、できる操作は電源のON/OFFだけという罠。

てっきりNature remoアプリのように仮想リモコンで、例えばテレビでしたらチャンネルの切り替え操作なんかができると思っていたので正直、肩透かし感は否めません。

挙げ句の果てにMatterで制御できる家電は3台までという縛りもあります。

今後のMatterとソフトウェアのアップデートを指をくわえて待つしかありません。今は。

Nature remo nanoはエントリーモデルとしておすすめ

Nature remo nano 本体と箱

というわけで期待していたAppleホームアプリでの家電操作はまだできませんでした。このあたりは今後のアップデートに期待しましょう。

とはいえ、スマートフォンにリモコンを集約できる便利さは相変わらずですし、やろうと思えば声による家電の操作も実現してくれます。なので、もしまだスマートリモコンを導入していない方には間違いなく“買い“だとは思います。

最低限の機能だけを持つ『Nature remo nano』ですが、そもそも温度と湿度センサーはHomePod に備わっているのでなくても困りません。価格もnanoなので気軽に試してみる価値は充分あるでしょう。

既存のNature remoシリーズを所持している方は、ちょっと待ってみるのが賢明な予感はしています。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

-レビュー