レビュー

【iWALK LinkMe4レビュー】コードの煩わしさを解消してくれる小型モバイルバッテリー

2022年4月13日

iWALK LinkMe4 本体

何も予定がない休日は、スマホ依存症を発症し、一生iPhoneを眺めています。

一生iPhoneを眺めていると、当然バッテリーが持たないので、充電をする必要がありますね。ところが、iPhoneの充電中でも操作を続けたいと思うと、行動範囲が「充電コードの届く場所」に制限されてしまう訳です。これは苦しい。

そこで、家の中でもモバイルバッテリーを使えば、行動範囲が制限されずに済むのでは?と考えました。

求めたモバイルバッテリーは、コードレスかつ小さいやつ。

そして出会ったのが「iWALK LinkMe4」でした。ということでレビューしていこうと思います。

iWALK LinkMe4の開封

iWALK LINK Me4 箱

さっそく開封してみます。

iWALK LINK Me4 内容物

内容物はモバイルバッテリー本体とUSBケーブル、取扱説明書のみ。

USBケーブルをコンセントに差し込むための、電源アダプタは自分で用意する必要があります。

iWALK LinkMe4の外観

iWALK LinkMe4 ホワイト

超小型をセールスポイントにするだけあって、iWALK LinkMe4はかなりコンパクト。

iWALK LinkMe4 目薬 大きさ 比較

手元にあった目薬と比べてみると、iWALK LinkMe4のサイズ感のイメージが掴みやすそうです。

iWALK  LinkMe4 Lightningコネクト 

先端のキャップを外すとLightningコネクタが顔を覗かせます。

「は?キャップ失くしそうなんだけど」と頭に血がのぼった方、大丈夫です。

iWALK LinkMe4 キャップ

キャップは本体と紐付けられているので、キャップだけが何処かへ消える心配はありません。親切設計ですね。

とはいえ、バッテリー本体がそもそも小さいので、本体ごと無くしてしまう可能性も無くはないです。

iWALK LinkMe4 USB Type-C

iWALK LinkMe4の充電ポートはUSB Type-C。

WALK LinkMe4 電源

充電ポートの反対側には電源ボタンがついています。

WALK LinkMe4はiPhoneに接続すると、自動で電源がついて充電を始めてくれます。また充電が終わって、iPhoneから外したあと、しばらくすると自動で電源がOFFになる仕組み。

なので、電源ボタンは無くてもいいような気がしますが

  • 電源ボタンを1回押すと、電源ON
  • 電源ボタンを2回連続して押すと、電源OFF

という操作でも、電源のON/OFFの切り替えができます。念のため覚えておくと、いずれ役に立つかもしれません。

WALK LinkMe4 充電残量

iWALK LinkMe4のバッテリー残量は、中央のランプで確認できて分かりやすいです。

バッテリー残量がMAXの時はランプが3つ点灯し、そこからバッテリーの減り具合によってランプも2つ、1つと減っていきます。

どうしてもiWALK LinkMe4のバッテリー残量が気になった時は、電源ボタンを押し、ランプを点灯させてバッテリー残量を確認しましょう。

ちなみにiWALK LinkMe4の容量は4500mAh 。iPhone12の場合、1回分フル充電できるくらいの容量です。

実際にiWALK LinkMe4を使ってみる

iWALK LinkMe4 iPhone12

というわけで、さっそくiWALK LinkMe4を使ってiPhone12を充電してみます。

普段、iPhoneはMOFTのケースに入れて使っています。ところが、iWALK LinkMe4はLightningコネクタのリーチが長いおかげでケースに干渉することなくiPhoneに挿し込めました。

そしてiPhoneに差し込むと、自動的に充電を始めてくれるので捗ります。

iWALK LinkMe4 iPhone12 安定感

iPhoneに差し込んでいるだけにしては、かなりの安定感。振り回したりしなければ、簡単に外れることはないでしょう。

とはいえ過信は禁物で、歩きながら充電するときにはiWALK LinkMe4を手で支えてあげた方が無難です。

充電スピードは控えめ

正確に充電スピードを測った訳ではありませんが、大体10分間で6%〜7%ほど充電できました。

Apple純正のMagSafe充電器は10分間で11%ほど充電できることを考えると、iWALK LinkMe4による充電スピードは控えめである感は否めません。

ただ、iWALK LinkMe4に求めているのは、1日の終わりまでiPhoneのバッテリー残量を誤魔化してもらうことなので充電スピードが遅くてもいいのです。

真剣にiPhoneを充電したいときは、MagSafe充電器に任せるから、それでOK。

¥4,950 (2022/04/13 22:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

iWALK LinkMe4はパススルー充電が可能

iWALK LinkMe4 パススルー充電

iPhoneのバッテリーが少ない、iWALK LinkMe4のバッテリーも少なくなっている、両方いますぐ充電したいけどケーブルは1本しかない、終わった!

こんな状況が訪れることは、なかなか無いでしょうけどiWALK LinkMe4は自身の充電をしつつ、iPhoneの充電もできる「パススルー充電」が可能なのです。

一度に、iPhoneとモバイルバッテリーの充電を済ませられるのは手間が省けて助かります。

iWALK LinkMe4は所持し得

iWALK  LinkMe4 本体

ここまで小型でワイヤレス充電をかなえてくれるモバイルバッテリーが今まであったでしょうか。いや無かったでしょう。

iWALK LinkMe4は、その小ささ故にポケットに忍ばせておいても邪魔になりにくいです。

もし外出中にiPhoneのバッテリーが3%とかになってしまっても、ポケットからiWALK LinkMe4を取り出せば、ドヤ顔でiPhoneの充電ができる訳です。慌てる必要は全くありません。

個人的にも、iWALK LinkMe4を使えばコードに縛られることなく、iPhoneの充電ができるようになりました。おかげで、ソファの上から微動だにせず、何も予定のない休日を過ごすことができそうで嬉しいです。

-レビュー